HOME>Column>インプラントで失った歯を取り戻そう〜インプラントの特徴〜

インプラントで失った歯を取り戻そう〜インプラントの特徴〜

歯型

インプラント治療で得られる効果

虫歯の悪化や外傷などで歯を失ってしまった場合は、代わりに人工の歯を作って欠損部分を補う治療が行われます。治療にも様々な種類がありますが、インプラントもかなり一般的となったことから、こうした方法を選ぶ人が増えました。この治療で得られる効果としては、まず失った歯を復活させることができますので、食事や会話が快適に行えるようになります。噛む力も強いので歯応えのある食べ物も以前と同じように楽しめるのもメリットです。さらに入れ歯の場合は取り外してのお手入れが必要ですが、人工歯根を埋め込んでいますので、取り外す手間もなく本物の歯と同じようにお手入れが行えます。さらに、審美性にも優れており、本物の歯に近い見た目が得られるのもインプラントならではです。

インプラント

インプラントの仕組み

インプラント治療を選ぶのであれば、まずはその仕組みをしっかりと理解しておきましょう。これは差し歯とは違いますので歯の根の部分が残っている人には適用されず、全て失った場合に行う治療です。インプラントでは、まずチタンなどで作られた人工歯根を、歯を失った顎の部分に埋め込む治療を行います。さらにその部分がしっかりと定着したら、人工歯根と連結し人工歯を支えるためのアパットメントを装着することとなります。こちらはネジ式となっており取り外しも簡単に行えるのでメンテナンスもしやすくなっています。そして、その上には歯の代わりとなる人工の歯冠が作られることとなり、それが完成して取り付けたら治療は完了です。前歯など目立つ部分に適用する際はセラミックなど本物の歯に近い素材が使われますので、他の歯と自然になじませることができます。