定期的に歯医者に行くことが推奨されている理由

歯医者では検診により、念入りにブラッシングしたり、普段のブラッシングでは取れない茶しぶや歯石を除去したりしてくれます。また普段のブラッシングでの磨き残しを指摘してくれます。これは虫歯や歯周病を防ぐ上で非常に有用です。口のトラブルを防ぐために、異常を感じなくても定期的に検診に行き、この予防歯科を活用するのがおすすめです。

歯を失うリスクを回避する為に普段から出来ること

歯

食後はしっかりブラッシング

ブラッシングは確かに意外と時間がかかりますし、面倒です。特に職場で昼食後にブラッシングする方はほとんどいません。しかし1日3回、食後には必ずブラッシングを行うことが最も有効な虫歯や歯周病の予防方法です。

歯周ポケットに注意する

ブラッシングの時には、注意して磨くべきポイントがいくつかあります。その一つが歯周ポケットです。歯周ポケットとは歯茎と歯の間にある隙間で、ここに細菌が溜まってしまうことで歯周病が起きます。歯周病を防ぐために歯周ポケットを重点的に磨きましょう。

歯間ブラシを有効活用する

また歯と歯の間にも注意しましょう。歯並びの良い人はもちろんですが、歯並びが悪い方は特に歯の間に食べかすが挟まりやすく、虫歯ができやすいです。少なくとも一日一回は歯間ブラシを使用してブラッシングしましょう。

症状を感じたらすぐ歯医者へ

虫歯は、痛みを感じる頃には既にかなり進行してしまっています。歯周病も同様に、歯がぐらついてからでは対処が遅いです。もし少しでも歯が痛んだり、口臭や歯茎の色が気になったりしたら、すぐに歯医者に診てもらいましょう。

歯は治療ではなく予防が重要!歯医者さんで検診を受けるメリット

治療

歯を失った人におススメしたいオールオン4とは

もし虫歯や歯周病で歯を失ってしまったのであれば、オールオン4のインプラント治療を受けるのがおすすめです。
その理由の一つは、特に歯周病で歯を失った場合、入れ歯治療は向いていないということです。歯周病は歯茎が炎症を起こすので、歯周病で抜けた歯の周りの歯の歯茎もダメージを負っています。そこで周りの歯の支えとして擬似的な歯を使う入れ歯は、不安定なものになったり逆に周りの歯も弱らせたりしてしまいます。その点オールオン4でインプラント治療を受ければ、周りの歯に影響を与えることなく治療できます。
またオールオン4のインプラントは、見た目が自然の歯に近いです。というのもオールオン4はインプラントを患者の歯の大きさや形に合わせて、かつ自然な形に作っているからです。さらにオールオン4のセラミック治療では、虫歯で削った部分をセラミックで埋めてくれ、その見た目は本来の歯と変わりません。

[PR]

[PR]
長堀橋でインプラント治療を受けよう
優良医院を厳選リサーチ☆